よくある質問

QUESTION & ANSWER

授業、進学、就職、皆さんが気になるさまざまな疑問にお答えします。

Q1 新校名の「ユマニテク」とはどういう意味?

英語で「人」を意味する「Human(ヒューマン)」と「技術」を意味する「Technology(テクノロジー)」を合わせ、「Humanitec」とし、それををフランス語読みをした本学園独自の造語です。学園全体の教育理念である「豊かな人間性(Human)と確かな技術(Technology)」を表しています。
「人」としての思いやりや豊かな心が通った専門的な「技術」を身につけた職業人を世に送り出すことを学園の大きな目標としています。
また、トレードマークであるハートマークは「ハンド イン ハンド」をモチーフとして、豊かな人間性をハートで、確かな技術を手(ハンド)で表現し、地域社会を支えるために手と手を結び合える仲間がたくさん増えていく願いをこめています。

Q2 「男女共学」になるの?

現在の「精和高等専修学校」は女子校ですが、2019年度から「名古屋ユマニテク調理製菓専門学校 高等課程 総合学科(予定)」にリニューアルするに伴い、男子生徒も出願・入学できるようになります。
これまで女性の教育に重きを置いてきた学習内容を男性も学べる内容に改め、男子制服も新たに制定し、男子トイレを増設するなど受け入れ態勢を整えています。

Q3 高校と専修学校を同時に卒業できるの?

2つの卒業証書でライバルに差をつけよう。
3年間で、高等学校の普通科と専修学校高等課程を同時に卒業できます。
総合教養分野の授業でどの分野に進んでも役に立つ常識や知識を身に着けながら、2年次以降は自分が特に興味のある分野をそれぞれが選び、自分が進みたい道への基礎を固めると共に、並行して高校普通科目を学びます。
さらに年に2回の高等学校スクーリング期間を本校でいながらにして受けることで、卒業時には2つの卒業証書を受け取ることができます。

Q4 勉強についていけるかな?

専門分野の勉強は実習なども含め、ほとんどの人が初めて体験する内容が多いので大きな遅れをとるということはないと思います。
また一般科目の授業は、中学までの学習内容を復習しながら進んでいくものが多いので、遅刻や欠席さえなければ、十分についていける内容だと思います。大切なのは自分の「夢」や「目標」に近づくための「努力」を惜しまないこと、そしてそれを「継続」することです。

Q5 進路はどうなっているの?

本校で学ぶことができる専門分野に連動した、短大や専門学校を学園グループ校として有しており他校生よりも有利な条件で入学できる学内進学を選択する生徒が年々増えています。
また他の四年制大学や短大、専門学校の指定校推薦枠も確保しており、様々な分野へ進学できます。
もちろん就職についても一般的な高校と同じ新規高卒予定者としてハローワークと連携し、しっかりサポートしています。

Q6 生徒はどんな地域から通学しているの?

名古屋駅から徒歩10分と通学に便利なこともあり、愛知県内のほとんどの地域から通学することができます。
名古屋市内はもちろん、愛知県北部(一宮市、小牧市、犬山市など)、知多地域、三河地域(刈谷市、豊田市、安城市など)からもたくさんの生徒が入学しています。岐阜県、三重県からの入学実績もあります。

Q7 生徒の人数やクラス数は?

1学年80名定員で各学年40名2クラスで編成されています。高等課程全体では最大で240名前後となります。
小規模な学校ではありますが、逆にそのような環境を活かし、生徒一人一人を大切にしたきめ細やかな指導を心がけています。
またクラスメイト、先輩後輩、生徒と教員それぞれの距離感が近く、親しみやすくアットホームな雰囲気も本校の特徴です。

Q8 校則はどうなっているの?

頭髪や制服、生活態度などに一定のルールを設けてはいますが、TPOをわきまえた上での自主性を最も重んじ、ある程度の自由度の中に自覚と責任感を持ち、主体的に判断できる生徒の育成を目指しています。
例えば、豊富な制服のバリエーションの中から、自分らしいコーディネートを選択できたり、入学後一定期間を過ぎた後はアルバイトを原則的に許可していることなどにそうした方針の特徴が表れています。